• http://6wheelday.wizspo.jp/fp/?n=1341
  • http://6wheelday.wizspo.jp/fp/?n=1434
  • https://phst.jp/cks-photo/
  • http://6wheelday.wizspo.jp/fp/?n=1217
  • http://6wheelday.com/fp/?n=956
  • http://6wheelday.wizspo.jp/fp/?n=1219
  • http://6wheelday.com/fp/?n=349
  • http://6wheelday.com/page4/
  • http://6wheelday.com/fp/?n=953
  • http://6wheelday.com/fp/?n=954
  • http://6wheelday.com/fp/?n=955
  • http://6wheelday.wizspo.jp/fp/?n=968
  • http://6wheelday.com/fp/?n=1248
  • http://6wheelday.wizspo.jp/fp/?n=1242
  • http://roots-sports.jp/business/wizspo.html
  • http://www.renault.jp/
RULE
 ※1  ロード以外
 ※2
  ロード以外の車種が1台以上あればOK
 ※3  エントリーが10組以下のカテゴリは、上位3位までの表彰になります


 【レースデビュークラスとは】
 ・初めて自転車のレースへ出場する方対象のカテゴリーです。
 ・計測チップによるタイム計測を行います。
 ・自転車の使用車種に制限はありません。
 ・コースで走行する前に、レースへ出場するためのクリニックを行います。
 ・1時間のみレースを体験していただけます。
 ・5時間エンデューロの最終1時間を走行します。





・1周800mのコース(サーキット内周)を「親」「子」がそれぞれ1周走行し、2人の合計タイムを競う。
・お子さん複数名に対して親御さん1名でご登録する場合は、事務局までお問合せください。

1.
参加者が使用できる自転車は、フリー式とし、前後ブレーキは完全なものとします。
参加者は、自己の責任で自転車の整備を行なってください。

2.
使用する自転車はレースイベントでの走行に耐える強度を備え、整備された自転車である事を義務付けます。

3.
ブルホーン、DH、クリップオン、スピナッチタイプ、その他アタッチメントバーの使用は、
素早いブレーキ操作の妨げになるため、認められません。

4.
一本足スタンドは必ず外して走行してください。

5.
電動アシスト付自転車やタンデム車、リカンベント車は出場できません。

※ご自身の自転車が規定に合うか不明な場合は、必ず事務局まで事前に問合せください。
  当日会場で車両規定違反が発見された場合、レースに参加することはできません。



■保険について
事故、落車による怪我等に関しては、主催者加入による傷害保険の範囲内の補償となります。
(補償内容: 死亡補償200万円・後遺障害補償 最高200万円・入院日額2000円・通院日額1000円 ※入院限度日数:180日)
補償内容に不安がある方は、各自で保険に加入されるようお願いいたします。
 
■大会の中止
大会は雨天決行です。
悪天等の諸事情による開催の可否は、開催中止の場合のみ、大会当日の午前5時から当サイトにてお知らせします。
 
■手荷物お預かり
原則として輪行で参加された方に限り、受付テントにて手荷物をお預かりします。
貴重品類は除きます。お車でお越しの方は、車の中で荷物を保管してください。


■大会参加にあたって
1.健康管理に細心の注意を払い、主催者が設けた全ての規約、規則、指示に従ってください。
2.大会及び付帯行事で発生した事故に対して、自己の責任おいて一切の処理をしてください。
3.参加者は大会の安全開催・円滑な運営に努め、主催者・管理者並びに参加者・関係者の誹謗・中傷を行ってはなりません。
4.安全にレースを行なうため、全ての参加者はスタッフの指示に従ってください。
5.参加選手は必ず試走を行ない、当日のコース状況、路面状況を把握してください。
 
■競技について
1.参加者は、他の競技者を押したり、走路を横切るなどの危険走行をしてはいけません。そのような妨害行為をした参加者は失格となります。
2.追い越し、追い抜きは原則左側から行い、遅い選手は右側を走行してください。
3.追い越し、追い抜きをする際は、追い越し、追い抜きされる参加者に必ず声をかけてください。気持ちのよい声がけを心がけましょう。
4.参加者は、追い抜いた自転車の前方コースに入る場合は、約3m以上先行してからコースに入ってください。
5.参加者は、レース中に主催者および救護スタッフからレースの中止を命じられた場合、直ちに競技を中止してください。
6.参加者は万一重大な事故、緊急を要する事態が発生した場合、大会運営スタッフの指示に従うと共に、安全な状況の確保に努めてください。
 
■装備について
1.試走・レースでコースを走行する場合は必ずヘルメット(カスクは不可)及び手袋を着用してください。
2.参加者は、アイウェア・スクイズボトル・腕時計の装着・携行は認めますが、脱落しないようにしてください。また、ガラス容器、その他危険物を携行することは禁止します。
3.参加者は、携行した飲料をレース中に飲用できますが、アルコール類、興奮剤等の薬品を用いることは禁止します。
4.参加者は、受付で配布された指定のゼッケンを腰の右側の見える位置に取り付けてください。
 
■レース中のトラブル
1.レース中に起きた事故はどのような場合でも大会本部まで届け出てください。
2.救護スタッフが傷害の度合いによって対応します。
3.事故、落車による怪我等に関しては、主催者加入による傷害保険範囲内からの補償となります。
4.メカトラブル等で停車する場合は手を挙げるなどして周囲に停車することを知らせた後、周りをよく見て速やかにコースの端に寄り、近くのコースマーシャルまたは巡回しているスタッフに声を掛けてください。